安定した家賃収入のために

集合住宅

延滞や空室を保証する制度

手持ちの不動産利用で賃貸経営をする場合は、まず賃貸管理会社と契約することになります。賃貸経営には家賃の徴収やクレーム対応にはじまり、現状回復などの雑務が多いため、自分だけで対応するのはかなり困難だからです。特に、仕事の片手間に賃貸経営をしたいという場合は、費用は多少かかりますが、管理のプロである賃貸管理会社に頼むのがベストです。この賃貸管理会社もまた様々で、最近特に増えているのが、家賃保証業務を請け負う会社です。また、家賃保証だけを行う会社もあります。これの利点はなにかというと、入居者の家賃の滞納があっても、それを保証してくれるという点です。ですから、どのような状況でも安定した家賃収入が得られます。この場合はまず、入居者と家賃保証会社、そして賃貸経営をするオーナーがそれぞれ契約をかわします。入居者はオーナーと賃貸借契約を結び、家賃保証会社と保証委託契約を結んで、保証料を払います。保証会社はオーナーと保証契約を結び、もし滞納があった時は、その分を補填するという仕組みになるわけです。それ以外に一括借り上げの方法もあります。この一括借り上げは、管理会社が物件をまるごと借り受けるもので、家賃保証がセットになっていることが多いです。このシステムの最大のメリットは、空室があった場合でも保証をしてもらえることです。その代わり、家賃収入はやや少なめになりますし、敷金や礼金、契約更新料はオーナーの収入ではなく、会社の収益となります。